VEE (Visual Enhancement Engine)

例えば、電車内でスマートフォンでビデオを見ている時、ディスプレイのバックライトは環境に合わせて(明るい窓際や暗いトンネルの中など)自動的に調整されます。

VEE補正による恩恵の一つは、明るい光の下でもバックライトの輝度を上げずに、すなわち大量の電力を消費せずに、コンテンツを鑑賞できるという事です。VEEの補正エンジンが環境に合わせて調整され輝度の低い画面上でもはっきり見える様にビデオ画像を補正します。

ユースケース 1 - ビデオの画質を向上

 

デジタルカメラやスマートフィンで写真を撮った時にデバイスのディスプレイ上で写真の確認ができますが、明るい太陽の下ではっきりと写真を見る事は困難です。なぜならこれらのディスプレイのコントラスト比が低いために画像の詳細を再現できないからです。しかし、VEEを使うことで詳細をはっきりと映し出せるので、しっかりと写真の写り映えを確認をすることができます。

VEEは画像データの微細な変化を増幅し人間の目に映えるように再マッピングします。この”コンテンツアウェア型”の画像補正機能により、ディスプレーの表示性能による画像詳細の損失が無い事を保証します。狭い表示範囲しか持たないディスプレイ上でも美しく画像を表示します。また、ピクセルの周囲のデータ値を計算して、適切に画像の明るい部分と暗い部分のディテールを向上します。

ユースケース 2 - 静止画の画質を向上