VEE (Visual Enhancement Engine)

どのような環境光でも最高の視認性をモバイル・ディスプレイ上に実現します

モバイル・デバイスが溢れる現代社会では、テレビに取って代わり人々はスマートフォンやタブレットやノートパソコンで映画を見たりゲームを楽しんでいます。映画スタジオやテレビ局などのコンテンツプロバイダは次々とデジタルコンテンツを拡大し、また、HuluやYouTube、iTunes Storeのようなデジタルコンテンツ・ポータルでは毎月サイト利用者/サイトトラフィックが増えています。このように、膨大な数のデジタルコンテンツがあるものの、多くのモバイル・ユーザーは、依然としてモバイル機器の、特にコンテンツ鑑賞時のビジュアル・エクスペリエンスに満足していません。

日々進歩しているモバイルディスプレイ技術ですが、全ての照明条件下で優れた視聴体験を提供するという点では、特に、直射日光などの環境では、まだ十分ではありません。なぜなら、モバイルディスプレイが高品質なコンテンツを表示する為に必要なバランスの取れたコントラストを表現できないからです。大画面高画質モニタに慣れた私達の目を満足させるのに十分なコントラスト比がモバイルディスプレイには無いのです。また、多くのコンテンツは、例えば映画館のような、高コントラストの媒体で暗い場所で鑑賞される事を想定して制作されています。高コントラストなコンテンツを低コントラストなディスプレイで表示すると、どんよりとしてしまい詳細も失ってしまいます。クイックロジックのVEEは、これらの問題を克服し、既存のディスプレイ技術を使用したスマートフォンやタブレットでも直射日光の下などの様々な環境で最高のモバイル・ビジュアル・エクスペリエンスを実現することができます。

クイックロジックが独自開発したVEEは、人間の視覚システムをならった科学的モデルに基づいてコンテンツのダイナミックレンジ、コントラスト、彩度を最適化することでモバイル・ビジュアル・エクスペリエンスを改善します。VEEは、ArcticLink II VXArcticLink III VXプラットフォームでご利用できます。ホスト・プロセッサから受け取ったビデオデータとボード上の照度センサーから得たデータをもとに、VEEはピクセル毎/フレーム毎にビデオデータを最適化し、どのようなディスプレイ輝度や環境光でも最高の視覚体験を実現することができます。つまり、VEEを使うことでコンテンツの種類(輝度、コントラスト、彩度)やコンテンツを見る場所(暗室、直射日光下、ライトが混在する場所)に関わらず、モバイル・ユーザーはいつでもどこでも常に最高のビジュアル・エクスペリエンスを得る事ができるのです。

VEEテクノロジーは、モバイル・ディスプレイによく使われる、LCD、OLED、AMOLED、SuperLCDなどの技術に対応しています。また、VEEはPico Projectorの視認性を改善する事にも利用できます。

VEEはクイックロジックのDPOテクノロジーとシームレスに働くことで、モバイル・ディスプレイのビジュアル・エクスペリエンス改善とバッテリーの省電力化を実現します。

VEEで最高のモバイル・マルチメディア・エクスペリエンスを

  • コンテンツのコントラスト比とダイナミックレンジを最適化してモバイル機器でのビジュアル・エクスペリエンスを大幅に改善
  • どのような視覚条件のもとでも、高画質・高品質な画像と動画を再現
バージョン VEE HD+ VEE 2.0 VEE 1.0
対応解像度

QVGA (320x240)から
WUXGA (1920x1200)まで

QVGA (320x240)から
Wide XGA (1366x768)まで

QVGA (320x240)から
Wide SVGA (1024x600)まで

アプリケーション例
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ピコ・プロジェクター
  • スマートフォン
  • モバイルインターネット端末
  • タブレット
  • ポータブル・コンピュータ
  • メディア・プレーヤー
  • ポータブル・ナビゲーション
  • スマートフォン
  • モバイルインターネット端末
  • タブレット
  • ポータブル・コンピュータ
  • メディア・プレーヤー
  • ポータブル・ナビゲーション
対応プラットフォーム  ArcticLink® III VX

ArcticLink® II VX

PolarPro®