カリフォルニア州サニーベール — 2017年9月18日

メディア アラート: クイックロジックの販売代理店、新光商事が「CEATEC」で EOS S3 CPU モジュールと専用評価ボードの展示及びデモンストレーションを実施予定

超低消費電力でマルチコアの音声対応 SoC、エンベデッド FPGA IP、ディスプレイ ブリッジ、およびプログラマブル ロジック ソリューションを開発する QuickLogic Corporation (NASDAQ: QUIK) は、同社販売代理店である新光商事が「CEATEC JAPAN 2017」 (10 月 3 日 ~ 6 日、千葉県 幕張メッセ) にて、IoT およびその他のアプリケーションをサポートするために開発された EOS™ S3 モジュールと評価ボードを使用するデモンストレーションを実施することを本日発表しました。

新光商事の評価システムを使用することで、クイックロジックの EOS S3 センサー プロセッシング プラットフォームの機能検証が容易になり、独自のデザイン開発を容易に開始できます。この評価システムは EOS S3 CPU モジュール部、専用評価ボード部の2 つに分かれており、CPU モジュール部では EOS S3 SoC 、9 軸センサー、FLASH メモリ、クロック、および DC-DCコンバーターが CPU モジュールに実装されています。専用評価ボード部では、UART、I2C、GPIOポートおよびマイクロフォンインターフェース等を備えた拡張ボードで、これらによりデザインの開発および機能検証が容易になります。CPU モジュールは 25mm x 25mm で、底部のピンピッチは 2.54mm にしているので、(ユーザー独自のボード上で) 単体で容易に実装可能です。このモジュールは、クイックロジックのオープン プラットフォーム リファレンス ソフトウェアでサポートされています。

EOS S3 CPU モジュールおよび専用評価ボードのサンプルについては、新光商事株式会社へお問い合わせください。

新光商事株式会社
デバイスソリューション技術部
(03) 6361-8095
info-ql@ml.shinko-sj.co.jp

クイックロジックについて

QuickLogic Corporation は、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、モバイル エンタープライズ OEM 向けに超低電力でカスタマイズ自在なセンサー プロセッシング プラットフォーム、ディスプレイ、およびコネクティビティ半導体ソリューションを提供するリーディング プロバイダーです。これらのプログラム可能なシリコンとソフトウェアのソリューションは、総称して CSSP (特定顧客向けスタンダード製品) と呼ばれており、ハードウェアで差別化した製品を素早く市場へ投入できるだけでなく、コストも抑えることができます。クイックロジックおよび CSSP の詳細は、 jp.quicklogic.comをご覧ください。

プレスお問い合せ先:
中西郁雄
クイックロジック株式会社
03-5875-0547

QuickLogicの名称は登録商標であり、QuickLogicのロゴはQuickLogic社の商標です。その他のすべてのブランドおよび商標はそれぞれの所有者の資産であり、相応に扱われなければなりません。