カリフォルニア州サニーベール — 2014年6月9日

クイックロジック、ウェアラブル製品向け 低電力センサー ハブをリリース

o カタログ センサー ハブによって次世代フィットネスおよびヘルス アプリケーションが実現

o ジェスチャー認識機能の統合で、ウェアラブル製品のユース ケースを最適化

カリフォルニア州サニーベール (2014 年 6 月 9 日) - 超低電力でプログラム可能な特定顧客向けスタンダード製品 (CSSP) の革新企業である QuickLogic Corporation (NASDAQ: QUIK) は、次世代ウェアラブル アプリケーション向けに最適化された超低電力コンテキスト認識センサー ハブ「S1 ウェアラブル センサー ハブ」の発売を本日発表しました。必要な機能がすべて揃ったこの既製ソリューションを利用することによって、特にヘルスおよびフィットネス市場で次世代のウェアラブル アプリケーション開発を手掛ける OEM は市場投入を加速できます。

S1 ウェアラブル センサー ハブは、同社の ArcticLink® 3 S1 シリコン プラットフォームをベースとする最新のカタログ CSSP であり、今後のクイックロジック センサー ハブ シリコンのロードマップに拡張されます。 市場調査会社のディスプレイサーチ社 (NPD DisplaySearch) によると、ウェアラブル デバイス市場は、2014 年に 4800 万ユニット、2015 年には 9100 万ユニットにまで拡大すると予想されています。

ArcticLink 3 S1 ウェアラブル ターンキー カタログ CSSP ソリューションの主な特長

• サポートされるコンテキスト (状況) : ウォーキング、ランニング、サイクリング、車内、人が携帯/装着 (On-Person)、人が携帯/装着していない (Not-on-Person)

• サポートされるジェスチャー: Tap-to-Wake (タップでのウェイクアップ)、Rotate-Wrist-to-Wake (手首の回転に反応)

• サポートされるユーザー機能 : ランニング用とウォーキング用に独立したステップ カウント機能を備える歩数計

• OS サポート : Android 4.4 (KitKat) および Thread X リアルタイム OS (RTOS)

• 電力消費量 : 250μw 未満 (稼働時)

一般的なコンテキストやジェスチャーを広範にネイティブ サポートしているため、OEM はさまざまな動きに対応する、よりスマートで正確、そしてより直感的なフィットネスおよびヘルス アプリケーションを柔軟に開発することが可能です。さらに、S1 ウェアラブル センサー ハブは、クイックロジック独自のシステム タイミングと制御機能を導入し、ウェアラブル デバイスの低電力アーキテクチャにも対応できます。リアルタイム管理される常時オンの計算タスクをクイックロジックのセンサー ハブが肩代わりして処理することによって、システム全体の消費電力が削減し、結果としてバッテリー寿命が延長されます。

クイックロジックの Worldwide Sales & Marketing VP のBrian Faithは次のように述べています。 「まだ初期段階のウェアラブル市場は、弊社の超低電力コンテキスト認識センサー ハブ ソリューションを適用する理想的な時期と言えます。高度に細分化されたこの市場は、今後急速に成長するでしょう。」「我々が開発した S1 ウェアラブル超低電力センサー ハブは、ウェアラブル市場をターゲットとするコンテキスト認識機能およびジェスチャー認識機能を組み合わせて使用することによって、今後 OEM が高度に差別化した製品を生すことができると信じています。」

ご使用開始日

超低電力の S1 ウェアラブル センサー ハブ カタログ CSSP は本日より販売を開始致します。

また、OEM メーカーは、クイックロジックがすでにリリースしている統合開発環境 (IDE) を使用して、ArcticLink 3 S1 センサー ハブ プラットフォーム (プロセッサ、センサー、およびアルゴリズムに依存しない) をカスタマイズすることも可能です。詳細は、http://www.quicklogic.com/solutions/catalog-cssps/s1-wearables-sensor-hub をご覧ください。

クイックロジックについて

QuickLogic Corporation は、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、モバイル エンタープライズ OEM 向けに超低電力でカスタマイズ自在なセンサー プロセッシング プラットフォーム、ディスプレイ、およびコネクティビティ半導体ソリューションを提供するリーディング プロバイダーです。これらのプログラム可能なシリコンとソフトウェアのソリューションは、総称して CSSP (特定顧客向けスタンダード製品) と呼ばれており、ハードウェアで差別化した製品を素早く市場へ投入できるだけでなく、コストも抑えることができます。クイックロジックおよび CSSP の詳細は、 jp.quicklogic.comをご覧ください。

プレスお問い合せ先:
中西郁雄
クイックロジック株式会社
03-5875-0547

QuickLogicの名称は登録商標であり、QuickLogicのロゴはQuickLogic社の商標です。その他のすべてのブランドおよび商標はそれぞれの所有者の資産であり、相応に扱われなければなりません。