カリフォルニア州サニーベール — 2012年12月7日

クイックロジックがモバイル端末向けのディスプレイ・ インターフェース・ブリッジ・ソリューションの提供を開始

  • インターフェース規格の異なるディスプレイとプロセッサ間でのブリッジを解決
  • 最大WUXGA (1920 x 1200)の解像度でRGB、MIPI DSI、LVDSをサポート
  • OEM各社はリスクを抱えることなくVEEやDPOの利点を評価

低電力特定顧客向けスタンダード製品(CSSP)のイノベータ、クイックロジック(QuickLogic Corporation、NASDAQ: QUIK)は本日、最新のディスプレイ・ソリューションとなるディスプレイ・インターフェース・ブリッジ・デバイス「ArcticLink® III BX」ファミリーを発表しました。11種類の多彩な製品群で構成されるArcticLink III BXファミリーは、モバイル端末の主要ディスプレイ規格であるRGB、MIPI DSI(2レーンおよび4レーン)、LVDSを最大WUXGA(1920 x 1200)の解像度でサポートします。

ArcticLink III BXプラットフォームはスマートフォンとタブレットのOEMやシステム設計者に、インターフェースの異なるプロセッサとディスプレイ・パネル間で必要とされるブリッジ・ソリューションを提供します。競合他社のソリューションと比べると、クイックロジックのArcticLink III BXプラットフォームは、サイズと消費電力の面で特に優れています。

ArcticLink III BXは、クイックロジックのArcticLink III VXシリーズに対する補完的なプラットフォームで、VXシリーズには、BXソリューションのディスプレイ・ブリッジ機能に加えて、クイックロジックのVEE HD+ (画像エンハンスエンジン)、DPO HD+ (ディスプレイ電力オプティマイザ)、IBC (インテリジェンス輝度調整)テクノロジーなどが含まれます。BXおよびVXソリューションはピン互換であるため、BXベースのディスプレイ・ブリッジ専用ソリューションからVXベースのソリューションへ簡単に移行できます。VXベースのソリューションへ移行する際は、ディスプレイを見やすく、バッテリーの寿命を伸ばすために、簡単なソフトウェアの変更・追加が必要になります。

「ArcticLink IIIプラットフォームの初期サンプリングフェーズ中、VEEやDPOテクノロジーをご評価いただいているお客様も、短期の製造ニーズのための低経費、ディスプレイ・ブリッジ専用ソリューションなどに関心を示されていることがわかりました。」とクイックロジックのVP Worldwide Sales & Marketingの Brian Faith(ブライアン・フェイス)はこのように述べました。「ArcticLink III BXプラットフォームを使用することで、お客様は設計サイクルの早い段階でブリッジ要件を満たすことができるようになります。それにより、設計フローや計画上でリスクを抱えることなく、システムでVEEやDPOを評価するための十分な時間を確保できます。」

提供形態

クイックロジックではArcticLink III BXの本格的な出荷を2012年の第4四半期に予定しています。ArcticLink III VXプラットフォームは、量産出荷中です。詳細は、クイックロジック株式会社の担当者 japan-sales@quicklogic.com までお問い合わせください。

VEEとDPOについて

クイックロジックのVEE HD+テクノロジーは、Apical Limited社のiridix®コアをベースにし、表示コンテンツのダイナミックレンジ、コントラスト、彩度を人間の視覚モデルに基づいて動的に最適化することで、視認性を大きく向上し、視聴環境に関係なくユーザーに自然な視聴体験を提供します。クイックロジックのDPO HD+テクノロジーはVEE HD+テクノロジーと併用することで、ユーザー・エクスペリエンスを損なうことなく周囲の照明やコンテンツをもとに、ディスプレイの明るさを調整することで、バッテリーライフを伸ばします。

クイックロジックについて

QuickLogic Corporation は、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、モバイル エンタープライズ OEM 向けに超低電力でカスタマイズ自在なセンサー プロセッシング プラットフォーム、ディスプレイ、およびコネクティビティ半導体ソリューションを提供するリーディング プロバイダーです。これらのプログラム可能なシリコンとソフトウェアのソリューションは、総称して CSSP (特定顧客向けスタンダード製品) と呼ばれており、ハードウェアで差別化した製品を素早く市場へ投入できるだけでなく、コストも抑えることができます。クイックロジックおよび CSSP の詳細は、 jp.quicklogic.comをご覧ください。

プレスお問い合せ先:
中西郁雄
クイックロジック株式会社
03-5875-0547

QuickLogicの名称は登録商標であり、QuickLogicのロゴはQuickLogic社の商標です。その他のすべてのブランドおよび商標はそれぞれの所有者の資産であり、相応に扱われなければなりません。