SensiML の Data Analytics Toolkit がインダストリアル IoT (IIoT) 予知保全アプリケーション向け AI をサポート

予知保全は、IIoT 向け AI の有用性が最も高い分野の一つ SensiML Analytics Toolkit を利用して、IIoT 向け AIを簡単に実装 データ サイエンティストやファームウェア エンジニアに頼る必要のない実用的なエンドツーエンド ソリューション カリフォルニア州サニーベール (2019 年 5 月 23 日) – 最適化した組み込み IoT 向けのAI アルゴリズムを開発するためのソフトウェア ツールを提供する SensiML は、同社が開発した Data Analytics Toolkit が IIoT 予知保全アプリケーション向けの AI (人工知能) をサポートすることを本日発表しました。このツールキットは、実用的なエンドツーエンド ソリューションを提供するため、データ サイエンティストやファームウェア エンジニアによる大規模なチームに頼らなくても、予知保全用の AI を簡単に実装できます。このツールキットを利用して予知保全を実装する製造業者やその他の企業は、従業員の安全性を高めることができ、運用コストの大幅な削減を可能にします。 2017年に発表された「IndustryWeek」誌と Emerson 社の共同調査では、製造業で計画外保全によって毎年 500 億ドルの不要なコストが生じていることが分かり、IIoT アプリケーションの重要性が指摘されています。計画外保全の最も大きな原因 (42%) は、機器の故障です。さらに、従来の保全プロセスでは設備の過剰修理や交換によってコスト高をまねき、リソースの無駄遣いやセーフティ リスクに対するスタッフの過剰配置などが問題視されていることが分かりました。 新しい予知保全アプローチは、これらのプロセスを近代化し、計画外のダウンタイムやそれに伴うコストを削減あるいは排除できます。ローカル ネットワークに接続されたセンサーを機器に取り付け、これらのセンサーがセンサー ノード内で効率的に […]

Read More…